EC運用

楽天運営代行おすすめ企業24選!費用や業者選定のポイントも解説

楽天運営代行おすすめ 企業24選!費用や業者 選定のポイントも解説

楽天市場での運用の売上を伸ばすために代行会社を利用したいけど、どの企業に頼んだらいいのかわからいという方も多いのではないでしょうか。楽天市場の運用代行を行っている企業で特におすすめできるのは以下の24社になります。

<楽天市場の運営代行おすすめ24選>

■データ分析・マーケティングに強いEC運営代行会社
株式会社withwork
株式会社いつも
■楽天に特化したコンサルを行うEC運営代行会社
株式会社ピュアフラット
ネットショップ総研
株式会社アプロ総研
株式会社302
■サイトの構築、運営の一貫したサポートに強いEC運営代行会社
コンサルロケッツ株式会社
NE株式会社(旧 Hameeコンサルティング株式会社)
GIVE&GIVE 株式会社
株式会社ウォークスコミュニケーションズ
e-la株式会社
株式会社RUD
アートトレーディング株式会社
ECH株式会社
株式会社One Proof
株式会社e.C.MORIMOTO
株式会社idiom
株式会社TriUmph
株式会社ブランジスタソリューション
■戦略のサポートも行うEC運営代行会社
株式会社Proteinum
FORCE-R株式会社
株式会社ネイビーグループ
GMOMAKESHO株式会社
■デザインに強いEC運営代行会社
株式会社Ryuki Design

本記事では、プロによる楽天市場の運営代行について様々な視点からご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

楽天市場の運営代行に依頼できる業務

楽天市場の運営代行を依頼すると、どのような業務を依頼できるのでしょうか。代行会社によって依頼できる業務に幅はあるものの、以下のような業務を依頼できることが一般的です。

  • 商品ページ/サイトの作成・更新
  • 商品撮影
  • 在庫・物流管理
  • 受注管理
  • 広告運用
  • コンサルティング

上記は、おろそかにしてしまうと信頼や売上が落ちる原因となるものばかりです。しかし自社のリソースが不足していると手が回らない部分でもあります。そういった部分を代行依頼できるというのは大きな魅力でしょう。

また売上や認知を向上させるために、広告運用やコンサルティングの業務を依頼できるためその点も魅力といえます。

■運営代行の全般について詳しくは、下記記事をご覧ください。
【2023年】おすすめEC運営代行会社15選!費用相場や内容を徹底解説

 

 

楽天市場の運営代行を選ぶポイント

楽天市場の運営代行を選ぶポイントは以下の5つです。

  • 運営代行サービス・コンサルティングサービスのどちらか
  • 楽天市場に特化しているか
  • 自社の予算と合っているか
  • 料金設定は固定費か成果報酬か
  • 過去の実績が具体的に明記されているかどうか

それぞれ詳しく説明します。

運営代行サービス・コンアルティングサービスのどちらか

楽天運営代行サービスには、「コンサルティング系」と「運営代行系」の2種類のサービス形態があります。それぞれの特徴は下記のものがあります。

「コンサルティング系」と「運営代行系」の2種類のサービス形態の図

運営代行系のサービスに関しては、利用するサービスの内容によって料金が変わってくるのであらかじめどのような業務を代行してもらうのか、絞っておくことが必要です。

楽天市場に特化しているか

代行会社は数多く存在し、それぞれに特色があります。今後、楽天市場以外に販路を広げる可能性がない場合、楽天市場に特化した代行会社をおすすめします。それは独自のノウハウや高い専門性を期待できるためです。

楽天市場以外にも販路を広げたいという場合は、他のサービスまでフォローする代行会社をおすすめします。いざ楽天市場以外にも販路を広げるとなった際、代行会社を新たに探し始めるよりも今まで楽天市場を担当していた代行会社の方が円滑にコミュニケーションを行うことができるでしょう。

自社の予算と合っているか

高い効果を期待できるサービス内容であっても、自社の予算と合っていなければその代行会社は選ぶべきではないでしょう。自社にとって費用が高すぎる場合、売上まで含めた全体で考えた際にマイナスになってしまう可能性があるからです。

もちろんですが、安いという理由だけで代行会社を選んではいけません。自社が求めるサービスまでフォローしていない可能性があるからです。
自社の求めるサービスが自社が許容できる予算内で行えるかどうかが重要となります。

料金設定は固定費か成果報酬か

代行会社によって料金設定は異なり、固定費や成果報酬、それらの複合型といったものが見られます。それぞれにメリット・デメリットがあり、自社の予算や目指す将来像を元に選択することが必要です。メリット・デメリットについては「楽天市場の運営代行に必要な費用」で詳しくご紹介します。

過去の実績が具体的に明記されているか

楽天運営代行サービスの公式サイトには、企業の取引実績や受賞経歴などが掲載されていることがあります。

こうした実績はサービスの信頼性を証明するものなので、事前に確認することが必要です。
過去に対応した件数や売り上げ拡大率など具体的にかつ数値が明記されているかどうかを見ることが大切になります。

 

楽天市場の運営代行に必要な費用

楽天市場の運営代行を依頼するために必要な費用は、運営代行の料金体系によって変動します。料金体系は主に以下の3種類です。

・固定報酬型
・成果報酬型
・複合型

ここらかは、この3つの料金体系についてそれぞれご説明していきます。

固定報酬型

固定報酬型は、売上などの成果に関係なく毎月固定で報酬を払い続ける形態です。この形態は売上が伸びた場合にコストが高くならない、予算管理を行いやすいというメリットがあります。しかし、売上などの成果に関わらず同額を払い続けるというデメリットがあるため注意が必要です。

・費用相場:月額1万円〜10万円程度

成果報酬型

成果報酬型は、売上発生時に金額に応じた一定の比率(5%〜10%程度)で料金を支払う形態です。成果が出なければコストがかからないというメリットがある一方、売上が伸びた際には高額な費用な点や売上によって費用が変動するため、月ごとの出費が読めない点がデメリットととして挙げられます。

・費用相場:売上に対する5%〜10%

複合型

複合型は固定報酬型と成果報酬型を組み合わせたものになります。毎月定額を支払い、売上に応じた金額を支払うという形態です。その分、費用は低めに設定されており予算のコントロールがしやすいというメリットがあります。

・費用相場:5万円〜10万円程度

楽天市場のショップ運営に関わる費用の内訳

次に、実際に楽天市場でショップの運営を行う際にかかる費用について解説します。

出店料

楽天市場でショップを構える際には、出店料を払う必要があります。

・がんばれ!プラン:19,500円
・スタンダードプラン:50,000円
・メガショッププラン:100,000円

上記3つのプランがあり、がんばれ!プランのみ12ヶ月分一括払いで、他は6ヶ月ごとに2回払いとなっています。

初期費用

楽天市場に出店する際には「初期登録費用」として、プランに関係なく66,000円かかります。

その他費用

出店料や初期費用以外にも、システム利用料であったり、決済サービス利用料などが楽天市場でショップを運営する上でかかります。

 

楽天市場の運営代行におけるメリット

楽天市場の運営代行を依頼することで、どのようなメリットが期待できるのでしょうか。主なメリットは以下の2つです。

・効果的な運営が期待できる
・コスト削減に繋がる

それぞれについて詳しくご紹介します。

効果的な運営が期待できる

やはり大きなメリットとして運営を効果手に行えることが挙げられるでしょう。ノウハウや経験を保持したプロによる運営を依頼することができるため、知識が無い状態で始めた場合に比べて売上などの成果は上がりやすいといえます。

コスト削減に繋がる

コスト削減ができるというメリットも十分に期待できます。楽天市場などのEC運営は工数や人材が多く必要となるため、代行会社に依頼した方が人件費などが削減されることがあるのです。

 

楽天市場の運営代行におけるデメリット

では、運営代行を依頼することで発生するデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。デメリットは主に以下の2点となります。

・成果が保証されない
・自社にノウハウが形成されない

それぞれについて詳しくご紹介します。

成果が保証されない

ノウハウや経験があるとはいっても、強すぎる競合がいる場合など成果が出しづらいケースも存在します。絶対に〇〇万円の売上が出る、といった成果が保証できない点がデメリットになるでしょう。

自社にノウハウが形成されない

これは代行会社に依頼する際に必ず挙げられるデメリットです。本来であれば業務を通じて得ることができるノウハウが蓄積されないため、大きなデメリットであるといえます。
しかし代行会社によっては社内でのノウハウ形成を並行して行う場合もあるため、将来的に自社のみで運営を目指す場合はそういった代行会社を選ぶことでデメリットが解消されるでしょう。

 

楽天市場の運営代行における注意点

運営代行を依頼する際の主な注意点は以下の2つです。

・運営を丸投げするには時間とコミュニケーションが必要
・商品・ビジネスに対する理解度の違い

それぞれについて詳しくご紹介します。

運営を丸投げするには時間とコミュニケーションが必要

運営代行は、一部を代行するものから全ての業務を代行するものまで様々です。中でも全てを代行するものについて、依頼時から自社が関わらなくて良いという訳ではないことに注意してください。

運営方針の擦り合わせから目標設定、各種対応など全てを代行依頼するからこそ、多くの時間とコミュニケーションが必要となります。

商品・ビジネスに対する理解度の違い

商品・ビジネスに対する自社の理解度と代行会社の理解度が違うという点にも注意が必要です。前提が異なることで起こるすれ違いが容易に起こり得るため、初歩的なことから擦り合わせていく姿勢が必要となります。

 

楽天市場のおすすめ運営代行24選

ここからは、楽天市場のおすすめ運営代行会社を紹介します。

株式会社withwork

株式会社withwork

株式会社withworkはECモール運用サービスを提供しています。楽天市場だけでなく、ヤフーショッピング/PayPayモール、AmazonといったECモールの支援サービスを提供しています。株式会社withworkは東証プライムに上場しているクロスマーケティンググループの一員であり、グループを横断した大規模なリソースと専門領域の広さを活用することができる点が他社には無いメリットでしょう。

特徴

  • 完全固定報酬型
  • グループを横断した総合力
  • モールへの新店舗開設から運用代行まで可能

株式会社いつも

株式会社いつも

株式会社いつもは、契約件数11,000件以上のECサイト運用サービスを提供しています。運用内容に合わせてサービスをフルカスタマイズ可能であり、楽天市場など各種モール、自社ECも要望に合わせて運用内容を提案可能です。

特徴

  • サービスをフルカスタマイズ可能
  • 商品ページ作成からLINE公式アカウント運用まで幅広く対応
  • コンサルティング+EC運用代行サービスをかけ合わせることで最適な支援を実現

株式会社ピュアフラット

Pure Flat

株式会社ピュアフラットは、楽天市場に特化したコンサルティングを提供しています。他にもAmazonに特化したコンサルティング、Webに特化したコンサルティングを提供しています。楽天市場に特化したコンサルティングでは、元楽天市場出身のメンバーを中心にコンサルティングを行う点が特徴です。

特徴

  • 元楽天市場出身のメンバーが在籍
  • 支援実績3,000店舗以上
  • 契約後の売上アップ率平均372%

株式会社Proteinum

Proteinum

株式会社Proteinumは、EC運営に関する知見だけでなく経営戦略立案の経験に基づいたコンサルティングを行う点が特徴です。また、ECコンサルティングだけでなく、ふるさと納税の支援サービスも行っています。

特徴

  • EC運営の知見と経営戦略立案の経験を掛け合わせたコンサルティング
  • ベーシックプランは30万円~、アドバンスプランは50万円~依頼可能
  • 戦略構築から、運営ノウハウ共有に必要なツール作成、各種分析までサポート

株式会社Ryuki Design

リューキデザイン

株式会社Ryuki Designは、楽天市場に特化した知識とデザインスキルが特徴です。ECサイトの経験豊富なディレクターによる改善点の提案と、社内のデザイナーが作成するデザインの相乗効果を狙うことが可能です。

特徴

  • デザインの側面から売上向上をサポート
  • デザイン制作件数40,000以上
  • デザインだけでなく、写真撮影までサポート

コンサルロケッツ株式会社

コンサルロケッツ

コンサルロケッツ株式会社が提供するサービスは、EC運営に関わる業務だけでなく、制作からコンサルティング、販促まで全てを網羅している点が特徴です。またコラボ商品やアンケート付商品ページなど、企業ごとに独自の特徴を創出できる点に強みがあります。

特徴

  • 企業ごとに独自の特徴を創出できる
  • デザイナーがオリジナルデザインを作成
  • データベースやシステムも専属スタッフがサポート

NE株式会社(旧 Hameeコンサルティング株式会社)

NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)

NE株式会社は、ファッションやインテリア、食品など多くのカテゴリでの実績を保有している点が特徴です。また、契約期間が1か月単位と短いことも特徴でしょう。

特徴

  • 単月契約でサービスを提供
  • 幅広いカテゴリでの実績
  • コンサルティングからSEO対策、バナー作成まで対応

GIVE&GIVE 株式会社

GIVE&GIVE

GIVE&GIVE 株式会社は、EC運営代行やECコンサルティング以外にもブランド開発・事業開発(D to C)を提供している点が特徴です。EC運営代行では、制作代行だけでなく事業戦略の立案まで含まれたプランがある点が特徴になります。

特徴

  • 最低30万円/月~依頼可能
  • 撮影・顧客対応・物流なども協力会社と連携することでサポート
  • 伴走型のEC支援を実現

FORCE-R株式会社

FORCE-R

FORCE-R株式会社は、Web全体の戦略設計によるトータル支援を強みにしている企業です。Amazonや楽天市場などのECモールだけでなく、自社ECやオウンドメディア、SNS広告など幅広い領域へ展開していることが特徴となります。

特徴

  • ECモールだけでなく、オウンドメディアやSNS広告まで幅広くサポート
  • コンサルティングでは内製化を見据えた運用を実施
  • しっかりとした組織体制で運用代行を支援

株式会社ウォークスコミュニケーションズ

ウォークスコミュニケーションズ

株式会社ウォークスコミュニケーションズは、EC運用代行からコンサルティング、ECサイト構築まで幅広いサービスを提供していることが特徴の企業です。コピーライティングやページデザイン、コーディングまで依頼することができます。

特徴

  • 集客や販促に必要な業務を丸ごと依頼可能
  • アクセス分析や顧客分析もコンサルティングで依頼可能
  • ショッピングカート選定からマーケティング設計まで対応

ネットショップ総研

ネットショップ総研は、ECサイト運営代行からコンサルティング、サイト分析までを行う楽天運営代行会社です。

特徴

  • 運営代行からコンサルティングまで幅広いサポートを提供
  • 豊富な販売蓄積データを用いて、質の高い戦略立案が可能

e-la株式会社

e-la株式会社は、特に楽天・ヤフーショッピングの運営代行に特化したサービスを提供しています。
新規出店を考えている方、すでに出店しているけど売り上げに伸び悩んでいるというどちらの状況にも対応したえ運営代行サポートが可能です。

特徴

  • 楽天、ヤフーショッピング運営代行に特化
  • マーケティングで得た情報を基に運営プランを構築

アートトレーディング株式会社

アートトレーディング株式会社は、顧客ごとの要望に応じた様々なサポートにより、多くのECサイト運営を手掛けてきました。
サイトを回すだけに限らず、サイトを盛り上げていくための解決すべき課題を見つけ出してくれます。

特徴

  • ECサイト運営に関わる全てをサポート
  • 高い継続率を誇る運営サポートの提供
  • アクセス解析による確かなマーケティング力

ECH株式会社

ECH株式会社は、ECサイトにありがちな悩みを解決し、獲得ユーザーや売り上げをアップさせるための解決策を提案してくれます。
業務量が多すぎて手が回らない時のサポートとして活用できるほか、サイトそのものの効率や販売力を上げたい時にも手厚い支援を受けることが可能です。

特徴

  • ECサイトの構築から集客販売まで担うサービス力
  • 効果k的な販売戦略と解析能力でサイト改善提案
  • 売り上げ効能を目指せるECサイト運用の実績

株式会社ネイビーグループは、大手ECノール出身のトップECコンサルタントが立ち上げた日本最大空のECノウハウを持つEC支援会社です。
全ジャンル、全チャンネルで各月商フェーズの企業を飛躍させた経験があり、特にマーケティング・商品戦略を得意としています。

特徴

  • 元楽天、Amazon、自社ECサイト立ち上げのプロがサポート
  • データやシステムを用いた、科学的に勝率が高いEC支援が可能
  • 緊密な連携による強い信頼感

株式会社アプロ総研

株式会社アプロ総研では、受注処理からCSまでの受注代行運用サービスを件数に応じた従量課金制で提供しています。
最低契約期間がないので、受注件数が少ない月はコスト削減も可能です。

特徴

  • 件数に応じた従量課金制の受注代行運用サービス
  • Shopifyでの初期構築と運営をサポート
  • 楽天運用に特化したプラン

株式会社302

株式会社302
株式会社302は、EC-UROYAというネットショップ運営支援サービスを提供しています。楽天・Yahoo!ショッピングはもちろん、DeNAショッピング、カラーミーやフューチャーショップなどの自社サイトも対応可能です。自社ショップに対しては、リスティング広告運営代行も請け負っています。

特徴

  • 毎月格安固定費+成功報酬型
  • 現状を分析し、必要な施策をまとめ、実行まで依頼できる
  • 売上400%アップ等 経験豊富な運営実績

株式会社One Proof

株式会社One Proofは、売り上げアプと利益の獲得をトータルでサポートしてくれます。スポット的な運営業務のほか、的確な競合分析とマーケティングノウハウの提供によって根本から改善点を見つけ出すことが可能です。

特徴

  • 利益確立のためのトータルサポートを提供
  • 売り上げに直結する課題改善を徹底支援
  • 代行サポートからコンサルティングサービスまで幅広くカバー

株式会社RUD

株式会社RUD

株式会社RUDは、楽天ECコンサルタントの元管理職が立ち上げた楽天市場専門の運営代行会社です。

特徴

  • 楽天に超特化した専門知識を保有
  • サイト制作から販売促進まで、運営業務全般を依頼可能
  • コンサルティングを受けることも可能なため、将来の内製化も見込める

株式会社e.C. MORIMOTO

株式会社e.C. MORIMOTO

株式会社e.C. MORIMOTOは、ECサイトを成功にみちびくホームページ制作や提案に特化しています。専門スタッフによる運営代行だけでなく、売上数値の分析と対応策の提案といったコンサルティングサービスが一体化していて、よりECサイトの売上アップを目指すこと可能です。

特徴

  • ECサイトを成功させるホームページ制作や提案
  • 売上結果の分析と対応策の提案
  • 信頼関係を重視したクライアント制

株式会社idiom

株式会社idiom

株式会社idiomでは、EC運営初心者でもわかりやすいオープンな運営を行っているので、どのような運営を行っているのかを把握しながらう依頼することが可能です。代行してもらいたい業務内容を依頼することも、運営を丸ごと依頼することもできるなど、柔軟な対応で必要に応じたサービスが提供されています。

特徴

  • わかりやすいオープンな運営
  • 売りたい商品を用意するだけでの丸投げの依頼が可能
  • 赤字リスク0の料金プランで安心

GMOMAKESHOP株式会社

GMOMAKESHOP株式会社

GMOMAKESHOP株式会社では、豊富な知識を持ったプロによって、売上の伸びな脂やマーケティング力の不足などあらゆる課題を解決に導きます。
部分的なサポートから、ECサイト運営を一括して任せたい場合など、ニーズに合ったサービスを求めることが可能です。

特徴

  • 的確な運営サポートで課題を徹底解決
  • 効率的なECサイト運営でコストカットを実現
  • 成果報酬型導入で公平感のあるサービスを提案

株式会社TriUmph

株式会社TriUmph

株式会社TriUmphは、大きな集客力と確実な利益率を目指すためのECサイトを構築することで、コストフパフォーマンスの高い業務で販売力の向上を実現させています。
商品の種類やシーンに関わらず、あらゆるジャンルに対応可能であり、効果的な広告運用の知識も豊富です。

特徴

  • 利益率の高いランディングページ制作実績
  • 豊富な広告知識によって確かな集客性を実現
  • サイト閲覧から商品購入までスムーズなシステムの構築

株式会社ブランジスタソリューション

株式会社ブランジスタソリューション
株式会社ブランジスタソリューションは、楽天以外にもEC運営代行にかかわるさまざまなサービスを提供しています。楽天運営代行では、「まとまるEC店長」というサービス名です。

特徴

  • 3000商品月額9800円という手軽さ
  • 営業・運営コスト等を極限まで効率化
  • メンテナンス料なしでモールの仕様の変化に迅速に対応

EC運用代行ならwithwork

株式会社withwork株式会社ウィズワークはECモール運用専門サービスを運営しています!

・マーケティング視点のプロのリサーチ
・完全固定報酬で月々のコスト変動なし
・グループ会社だからこそできる大規模なリソース活用

サービスに関するお問い合わせはこちら▼

まとめ

いかがだったでしょうか。楽天市場はもちろん、ECモールの運用には不安がつきまとうもの。本記事が楽天市場の運営代行に関する悩みや不安を感じている方の一助になれば幸いです。

【関連記事】
【2023年】おすすめEC運営代行会社15選!費用相場や内容を徹底解説
ECサイト運営とは?業務内容や費用、スキルを徹底解説!
Amazon運営代行とは?業務内容や選び方をおすすめ企業を紹介します
ヤフーショッピング運営代行の業務内容とは?-費用や売上アップのポイントを紹介

株式会社ウィズワーク / 代表取締役社長
杉村 昌宏
監修者写真
1971年生まれ。 京都大学理学部を卒業後、大手総合商社に入社。衛星放送ビジネスなどの事業開発を手がける。2000年にリクルートへ入社。ネット事業などの企画、システム開発を担当。 2007年にクロス・マーケティングへ入社。2012年同社取締役就任(現任)。2014年クロス・マーケティンググループ取締役就任(現任)。 2019年にクロス・マーケティンググループの新規事業としてウィズワークを設立し代表取締役社長に就任。 クライアント企業におけるマーケティング領域での活動に、競合他社にはない「 コミュニケーション力と、確動性を備えた、高度ディレクター人材」「 マーケティングフレームと定量分析に基づいた、的確な運用提案力」を強みとしたデジタルアウトソーシング事業を展開している。